口臭の原因とその対策

口臭の原因は、主に3つあります。1つめは、不十分な歯磨きが原因です。食べ残しのカスが口内に長くとどまると、においが発生します。

http://口臭.pw

その理由は、口内の雑菌が食べ残しのカスを栄養にして繁殖するからです。また、その雑菌はむし歯や歯周病の原因にもなります。2つめは、喫煙習慣です。ニコチンやタールが口内に付着するとにおいのもとになります。また、唾液の分泌が抑えられるため口の中が乾燥します。乾燥すると、口内の自浄作用が妨げられるので、より雑菌が繁殖しやすくなります。さらに、歯や歯茎も黄ばみます。3つめは、加齢です。年を重ねると、血流が悪くなります。血流が悪くなると、口内の粘膜の機能も低下して雑菌が繁殖しやすくなります。それが口臭の原因になります。口臭予防のグッズとして、タブレットやスプレーが販売されています。しかし、あくまでも急場しのぎの対応と心得ます。一番効果的な口臭対策は、歯を磨くことと喫煙習慣を改めることです。

子育て世代は腰痛に悩まされがちです

乳児や幼児を育てている親は、腰痛に悩まされがちです。
日々の世話や寝かしつけで何度も抱きかかえる上、こどもの目線に合わせてかがんだり中腰になったりしたまま動くことが多いためです。
こどもは意外に重たくて、2歳ともなれば10kgを超えるようになります。
自分も御多聞に漏れず、腰痛を抱える破目になってしまいました。
最初は揉む、湿布をするなどして対応していましたが、だんだん慢性的な痛みとなってしまいました。しかも庇って動くものだから、ひざや足の付け根まで痛くなってしまったのです。
自己流の治療では対応できなくなったため、病院にかかることにしました。
病院では検査を経て、投薬や電気治療、湿布の処方を受けることができました。自分でケアできる以上の痛みになっていたことに、気が付いていませんでした。
適切な治療を受けた結果、腰痛を改善することができました。
腰痛が悪化すると、治すまでに時間がかかるし、慢性化しやすいです。違和感があったら早めに治療することが大切だと痛感しました。

筋肉の膜をほぐす体操で腰痛を予防

以前ぎっくり腰になったことがあり、それから腰痛もちになってしまいました。ぎっくり腰になりやすい人と、なりにくい人がいるそうです。

なりやすい人とは、長時間同じ姿勢でいる人です。私のようにデスクワークで長時間座っている人は、特になりやすいと言われています。トラックの運転手なども、当てはまります。逆に営業や品だし、販売の仕事など、体を動かす仕事をしている人は、腰痛になりにくいそうです。筋膜という筋肉を包む膜があり、それが固まっている人が腰痛をおこしやすいと分かりました。それを知ってから、筋肉の膜をほぐす体操を取り入れています。

この体操をして筋肉の膜をやわらかくしておけば、予防することができるのではないかと思い、続けています。体操はとても簡単です。5分あれば出来ますが、忙しいときやどうしようもないくらい眠いときは、短縮しています。

代表的なものだと、猫のポーズというのがあります。膝をついて猫のポーズをします。体を反らして背中の筋肉をほぐすのを意識するのがポイントです。自宅で出来る腰痛対策を実行しても良いでしょう。

長時間のデスクワークが原因での腰痛

社会人になって座って作業をする仕事に就いたため、長時間デスクワークをすることが多くなりました。するとある日急に腰に痛みを感じ始めました。長時間座ったままで作業しているのが原因だろうと思い、その日の夜は湿布を貼って就寝しました。それからしばらく経過しましたが、まったく痛みは治まらず立ち上がったりする時に痛みを感じたり、座っていることさえもつらくなってきました。痛いのであまり腰を動かさないようにして過ごしていましたが、痛みが我慢できなくなったので鍼灸院へ行きました。やはり原因は長時間のデスクワークでしたが、腰痛は痛いからといって動かさないことで症状がより悪化すると言われました。できるだけ適度な運動や水泳などを行うようにアドバイスを受けました。鍼灸院では鍼治療やマッサージなどを行ってもらうことにして、できるだけ体を動かすように心がけました。すると2ヶ月くらいで症状が緩和されてきたので安心しました。

座る姿勢を変えて腰痛予防

腰は体の中心のために体の中でも非常に大切な部分の1つです。
そのため筋肉が固まってしまったり衰えてしまったりして腰痛になるととても苦労をします。
運動不足の人や座りっぱなしの仕事の人に腰痛が多いのはそういった原因を作る環境に身を置いているからでしょう。
イスに長時間座る必要がある時は悪い姿勢にならないよう心がけてください。
例えば、あごを引かないでいると姿勢が曲がってしまい特に首への負担は大きくなります。
そのためあごを引いて背筋を伸ばした状態で座ることを意識してください。
この時背筋を伸ばそうとして無理に胸を張らないように注意してください。
胸がそりすぎるとかえって腰痛などの原因になることがあります。
そるのではなく真っ直ぐという気持ちを意識しましょう。
座った時には意識していても仕事に集中してしまうと、ついつい悪い姿勢に戻ってしまうことも多いでしょう。
すぐに習慣に出来るか出来ないかは人それぞれです。
しかしどちらにしましても、長時間同じ姿勢でいることは負担がとても大きいです。
負担軽減のストレッチをするために、座っている時間を確認しましょう。
時計を近くにおいたりタイマー機能の使用などをして30分に1度はストレッチをすることを忘れないようにしてください。
そして座る時にまた姿勢を意識すれば習慣にしやすいでしょう。

妊娠中に腰痛になりました

妊娠するまでは腰痛に悩まされることはありませんでしたが、妊娠してお腹がどんどん大きくなると、お腹をカバーしたり楽な姿勢をとるためにどうしても身体を反ったような姿勢になってしまうことが多く、腰に負担が掛かっていました。
そして、腰痛に悩まされるようになってしまいました。
痛む時はできるだけソファーで楽な姿勢をとり休むようにしたりしていましたが、それでもなかなか良くならないので、妊婦用の腰痛ベルトを使用することにしました。
お腹をしっかりと支え、腰に負担が掛からないようにするベルトで、自然と姿勢もよくなります。これを使うようになってからは、だいぶ腰の痛みが和らぎ、それまでよりはだいぶ快適に過ごせるようになりました。
骨盤のゆがみを防ぐ効果もあるものだったので、結局出産するまで使い続けました。臨月の大きいはち切れそうな重たいお腹でも、腰痛ベルトを付けることにより、痛みが軽減されるのでとても良かったです。

忙しくなるとひどくなる腰痛

月末、月初になるとどうしても仕事が忙しくなります。その結果、立ち仕事や長時間のデスクワークで、どうしても腰に負担がきます。そして普段の腰痛よりもひどく感じることがあります。痛み止めを飲んだり、湿布薬を貼って、月末月初をのりきります。

そして通常業務に戻る頃には腰痛の痛みも緩和されます。毎月このような事を繰り返しをするので、解決には至っていませんが、いつか治そうと思っていても、実行することができません。日々の生活に追われているので、運動不足にもなっています。

そして、疲れやすく、肥満になりつつあります。悪循環です。なので、お休みの日に軽くウォーキングをしたり、お風呂上りにストレッチをして、少しずつ運動を心がけています。激しい運動は続かないので自分でできる運動をするようにこころがけています。

凝り固まった腰をほぐすように温めたり、ストレッチをするようにしています。まだ数週間ですが、少し改善が見られた感じがします。

腰痛になった理由について

私は以前腰痛に悩まされ、病院に通っていた経験があります。普段からそこまで腰を使うような動作はしていなかったのですがそのときは何故か腰に凝り固まったような痛みがありました。

お医者さんの説明を色々と聞いていると、いくつかチェックするべき点があるとのことだったで、アンケートに答えました。その結果、私の腰痛の原因は普段の姿勢にあることが分かりました。私は物心ついたときから姿勢が悪く、ややうつむき加減の状態でいることが多かったのです。前傾姿勢になって頭の重さの比重が前にかかりすぎている分それを支えために腰にダメージが及んでいました。

原因が分かってからは、先生に教わった通り、姿勢を良くする運動を心がけるようにしました。おかげで今は姿勢も良くなりましたし、腰痛に悩まされることもほとんどありません。姿勢が悪いということは腰痛だけでなく、見た目にも恥ずかしいことだと気付き、適度な運動をすることによって、ダメージに負けない強い体を作っていくことに楽しみを覚えています。

私の腰痛対策について  

長時間座りっぱなしのパソコンを使ったデスクワークの仕事で、前傾姿勢でいることが多いことが要因して、私は腰痛持ちです。痛みがひどい時には、シャンプーするのも、洗面所で顔を洗うのさえも支障をきたす日もあります。年齢とともに、痛くなった時の痛みがひどくなっています。
腰が痛くなったら、自分なりに痛みを軽くできるような対策を施しています。まず、つらい時には指圧版が腰部をしっかり支えてくれる、「腰サポートベルト」をつけるようにしています。制服の下につけていても、ベストがあるので全然目立ちません。
腰は生理的な曲線を保った方が、痛みが緩和されるとされており、私は腰痛は特につらい時には、意識して横向きで、エビのような姿勢で寝るようにしています。足の間には、抱き枕を挟むようにしています。そうすることによって、痛みをあまり感じずに眠ることができていますので、腰痛の方にはおすすめします。また、硬めの敷布団とマットレスに変えることで、腰の痛みが軽減されました。